疑問部屋

新しく書き込む場合は、この下の「新規投稿」をクリックして投稿画面に進んでください。
[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[3380] オリジナルフォーミュラーについて Name:海のかあちゃん MAIL Date:2017/12/13(水) 12:14 [ 返信 ]
何年かぶりにメールさせていただきます。キンカチョウの海くんが我が家にやってきてくれたのが2011年12月でした。海くんが餌を食べずにいる…。目の不自由な子が生まれた…。すずめを保護した…。等々ぴろりさんにはその時々、お世話になりました。海くんは満6歳になりました。じいさんにはなったのですが、やはり可愛いうちの長男坊です。
目の不自由な子2羽も来年で満4歳になります。
以前に、ヒナの餌は、オリジナルフォーミュラーが良いと教えて頂き、その時より、愛用しておりました。
すずめが軒下に、瀕死の状態で落ちていた時も、フォーミュラーを与えて、すくすく育ちました。
しかしながら、そのフォーミュラーが入手出来なくなり、頭を悩ませております。代替え商品でよいものがあれば教えて頂きたくメールさせていただきました。
うちの子たちも、高齢になり、体調を崩した時の為に用意しておきたいと思っております。本当に困った時のぴろりさん頼みで、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします

[3381] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:ぴろり Date:2017/12/15(金) 02:01
こんばんは。海くんは6歳になったのですかー。何だか甥っ子見る気分です(笑)

オリジナルフォーミュラの日本の販売元が廃業したため、入手が出来なくなりましたね。同メーカーの商品は海外で健在ですが、オリジナルは元々日本のフィンチ向けに開発されたものですから・・・残念です。


[3382] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:ぴろり Date:2017/12/15(金) 02:06
オリジナルに比べると少し粒子が荒く溶けにくいのですが、同じく海外メーカーで「ケイティ社」のハンドフォーミュラがあります。メーカーパッケージそのまま販売してるものや、日本のパッケージにしたものなどがありますが、これは全ての鳥種に対応した、おすすめできるのです

[3383] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:ぴろり Date:2017/12/15(金) 02:22
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B007B4XQHM?psc=1

amazonのページを紹介しておきますね。このパッケージのものがホームセンターでも売っていることがあります。

鳥全般に対応するので、キンカチョウ成鳥なら何も加えずそのままて使用できます。粒子荒いので、スポイトを大きくしないと使いづらい、などはありますが、使い方も同様です、

雛の場合は・・・インコ類はそのまま使いますが、キンカチョウなどのフィンチには1日一回一つまみのカルシウムを足すと、オリジナルとほぼ同等になります。我が家でもそのように使ってます。インコもいるので、オリジナルとケイティ2つ保管してて使う子達の割合でどちらにするか決めてます。


[3384] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:ぴろり Date:2017/12/15(金) 02:31
6歳以上のキンカチョウには、フォーミュラと30度保温できる用意を準備しておくべきですね。体調戻っても後一週間は保温して養生すると、体の負担が少なくて良いみたいですよ。早く元の生活に戻してしまうと、少ししたらまた体調崩す事がおおくなります。これもまた、経験談ですね



[3385] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:海のかあちゃん MAIL Date:2017/12/16(土) 12:27
ありがとうございます。私のようなものでも、フォーミュラーがなくなるとどうしようと、頭を悩ませているのだから、もっと沢山の鳥さん達と生活しているおうちでは、困っていると思います。
一つまみのカルシュウムとは、どのような商品でしょうか?そう思うと6年経った今でも、立派な海の母ちゃんにはなれていませんね
今回の質問も、実は10日ほど前、海君が粟玉をついばむことを、忘れたかのような状態でした。年齢的にももうむりなのかなぁっと。体重もどんどん減って行き、病院で強制給餌までしていただいたのですが、入院も一人ぽっちでは、ストレスで死んでしまうと思い、フォーミュラーを食べさせたら、少しずつ食べるようになり、回復して、元気にまりました。やはりフォーミュラーの力はすごいなぁっと思って注文しようと思っていたら・・・このような状態で。ケティ社のハンドフォーミュラーですね。調べて購入しておきます。
普段の海君一家の室温は28度〜29度としております。ただ何かあった時のために、サーモスッタットと保温機のついた、プラケースは用意しております。これも以前ぴろりさんに教えて頂きました
いつもこの掲示板を見て、勉強させて頂いております。
まだまだお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

[3386] RE:オリジナルフォーミュラーについて Name:ぴろりNEW Date:2017/12/16(土) 14:10
フォーミュラに入れるカルシウムは、粉末のものを使ってます。粉末のものとはいつもは我が家では「インコ用のイカの甲」を削ったものを少量耳かき2、3杯くらい(適当に)を入れてます。とても古風なのですが、実はこれが一番吸収が良くて、「カルシウム過剰」になりにくいと思っています。

購入の際は、ナチュラルペットフーズ社の「エクセルカルシウムパウダー」がイカの甲100%の同等商品になります。また、以前は卵殻をパウダーにしたものも市販されていたので、これも良い商品です。

液体ですと、現代製薬の「カルビタバード」という商品があります。これは紹介したかもしれませんね。この疑問部屋ではよく紹介している商品です。

カルシウムが液体になっているので飲み水にいれやすく、確実に与えられます。粉末を成鳥に与える場合は餌に混ぜても効果がやや低くなるので、産卵トラブルのメスには液体が確実です。

粉末の商品ですが、爬虫類用、犬用などは他の成分の値が異なるため、吸収率が悪かったり逆効果になったりします。シンプルにイカの甲とか卵殻そのままがいいですよ。カルビタバードはブドウ糖なども入っていますが吸収などに問題はありません。与えすぎは過剰になります。1滴2滴で十分で、フォーミュラに加えるならフォーミュラにもカルシウムは入っているので毎回ではなく一日一回でいいです。足りないのを補うだけなので。

ごはん食べていない、食べられないような状態になったら、フォーミュラ食べられなくても上澄みだけでも少しずつ与えてください。一口飲ませたら5分休ませてまた一口。少し元気になったら薄めたフォーミュラを与えて
いき、だんだん濃くしていきます。じゃないと弱っている時はフォーミュラすら喉に詰まらせてしまう事もありますし。

保温もばっちり!まだまだいけますよ。我が家もだいぶ老衰で看取り、今6歳の子が最年長になりました。後はみんなまだ若い軍団。でも若い子に負けない位、さえずってます。頑張りましょうねっ。


[3375] 鳥同士仲良くさせるには? Name:kanana MAIL Date:2017/12/09(土) 23:12 [ 返信 ]
ぴろりさん、いつもお世話になっています。
タイトルのことで、またご意見を聞かせていただけないでしょうか?

うちでは2羽セキセイを飼っているのですが、この子たちをどう仲良くさせるべきかいまいちわからず、悩んでいます。

先住鳥…荒鳥 1歳 ♂ 怖がり
新入り鳥…手乗り 3か月弱 ♂ 活発でなつっこい

元々荒鳥を1羽飼いしていましたが、あまりに寂しそうなので見ていて辛くなり、
荒の仲間になってもらおうと、手乗りのヒナをお迎えしました。
それが2か月前です。

現在、2羽は別ケージで暮らしていますが、ケージ同士はピッタリくっつけています。
初め荒鳥のほうはびくついていましたが、
ここ1ヶ月は、2羽はケージ越しに寄り添って過ごすのが基本になっています。
さえずりあったり、ハムハムと嘴を合わせてチューのようなことをしたりと、仲良くしています。

そこで、先日初めて同時放鳥にトライしてみたのですが、結果は…
手乗りがひたすら荒鳥を追っかけまわして終わってしまいました。

その後1週間ほど、1日5分ほど同時放鳥の時間を作っていますが、毎日同じことの繰り返しです。
荒鳥も威嚇するわけではないんですが、手乗りにそばに来られるとすぐ逃げてしまいます。
(一度だけ放鳥した状態で嘴同士でハミハミしあうという奇跡が起きましたが、一瞬だけで、それきり同じことは起きていません)

それでいて、ケージに入れると、さっきまでのことは忘れたかのように手乗りと仲良くチューしているんです。
直接は怖いけどケージ越しなら心許せるんでしょうか…


この子たちを今よりもっと親密にしてあげるために、人間はどうしてあげるべきでしょうか?
いつまでもケージ越しでは…と思い同時放鳥しているのですが、
この状態での同時放鳥を続けたら荒鳥が手乗りを嫌いになってしまうでしょうか?


長文になってしまいすみません、お知恵を貸していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


[3376] RE:鳥同士仲良くさせるには? Name:ぴろり Date:2017/12/11(月) 10:28
こんにちは。
まず、この子たちに「親密に」というのが少し引っかかります・・・。お友達に、というなら今の程度の距離でいいと思いますし、チューして欲しい程の親密さを期待する前にオス同士なんで荒オスちゃんも「えー??」って困惑してると思いますよー?(笑)


[3377] RE:鳥同士仲良くさせるには? Name:ぴろり Date:2017/12/11(月) 10:51
元々荒鳥ですし、オス同士ですし。もう少し時間をかけてもいいんじゃないですか?

だってほら、それでも金網越しにチューしてるし(^-^)

同時放鳥5分はちょうどいいですよ。追いかけられるけど、疲れない時間です。同時放鳥の後、荒オスちゃんだこ先にケージにいれて粟の穂をご褒美にあけましょう。この時、粟の穂を手のりの子のケージとの間(チューする場所)に設置します。ある程度食べたところで手のりちゃんもケージにイン。若い子のはうが後からもらう社会性と、自身のペースは守られるという事を繰り返しで悪い印象はつかないと思います。

そして手のりの子がまだ3ヶ月というのもあると思います。手のり同士だってしつこく追いかけまわすようなやんちゃ盛りですから。この同時放鳥と粟の穂作戦を続けて手のりちゃんが生後6ヶ月になる頃には、荒オスちゃんもどう接したら良いかわかってきてると思いますよ。


[3378] RE:鳥同士仲良くさせるには? Name:ぴろり Date:2017/12/11(月) 10:58
荒オスちゃんはまだ少しどうしたら良いか分からないんです、きっと。だから金網越しのワンクッションある状態なら許せてるけど、いざ目の前にすると少し怖い。でも嫌いじゃないんです。

同時放鳥の時も、面と向かい合うのでなく、一緒に青菜を食べるとか、少し目線が合わずに距離は近い状況を繰り返してあげることで自信がついてくると思います。

やってみてください。今の方向はあってます。あとは時間と余裕だけ❗頑張って下さいね❗


[3379] RE:鳥同士仲良くさせるには? Name:kanana MAIL Date:2017/12/12(火) 19:06
ぴろりさん、ご返信ありがとうございます。

今の状態でも、十分仲良くできてる方なのですね。
ペットショップにいた頃の荒は、
おなじケージの仲間と羽繕いしあったり遊んだり楽しそうにしていたので、
そういう関係の仲間を作ってあげなくちゃ…という焦りがあったかもしれません。

手乗りがやんちゃ盛りというのは確かにおっしゃる通りです。
放鳥すると一時もじっとしていません笑

とりあえず今の方向で大丈夫と言っていただいて安心しました。
教えていただいた方法を試しつつ、二羽を見守っていきたいと思います。

ご多忙中丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございました!m(__)m

[3318] 雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/05(日) 14:45 [ 返信 ]
ぴろりさん、
いつも大変参考になる情報ありがとうございます。
今回も駆け込み寺的に頼らせていただきたいのですが、
我が家のキンカチョウの件です。

姉弟交配で雛が産まれました。
いつも5個ほど卵を産み、
雛は孵るのですが、
生後3日ほどで全滅してしまいます。
今回で3回目です。
孵ってもいつも死んでしまうのです。
雄1歳と雌2歳のペアで今までに子育て経験はありません。

これは近親であることと関係あるでしょうか?

今までも近親交配で雛が産まれたことはありますが、
問題はなく、みな健康です。
今回のペアはその二代目になります。(つまり血はより濃くなっている)

子育て経験の未熟さとか他に考えられることはあるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

[3319] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/06(月) 10:52
駆け込み寺で結構(^-^)
いつでも利用してください!

の前に、キンカチョウの姉弟のカラーと、その両親のカラーを念のため教えてください。カラーによっては、遺伝的にダメなものもあります。

お待ちしております。


[3320] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/06(月) 16:36
「駆け込み寺」と言ってしまい、失礼いたしました。
自力で情報を見つけられず、「頼りになる方」として最初に思いついたのがぴろりさんだったものですから。

カラーは両方ともホワイトです。その親も代々ホワイトで、他の色が産まれたことがありません。雛の時にグレーのまだらがある子とない子がいましたので、もしかしたらクリアパイドも入っているかもしれません。

よろしくお願いいたします。

[3321] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/07(火) 09:14
いえいえ、全然失礼じゃないですっ。
むしろウレシイ。思いついて頂けるなんて(^-^)

さて本題です。

まず、孵化して3日目に全滅してしまうとのこと。要因はいくつか考えられますのでカラーをお聞きしたのですが、一番強い疑いとしては、このペアがヒナに給餌をしていない可能性です。

孵化したヒナは通常丸一日は何も食べなくても大丈夫です。まだお腹の中に卵黄と同じ成分が溜まっており、それを生まれてから丸一日かけて消化します。人も胎便ってありますよね?これと同じように、このお腹の中の卵黄を排出している間は変な色の糞をしています。

胎便を排出し終わるかどうかの頃から、親の給餌が始まります。若いペアなどは生まれたてから給餌するものもいますが、たいていは丸一日保温に集中しています。これを見て心配した人から「親が世話しない」と質問される事がありますが、これはそうした鳥の本能的・生理的な行動なので問題ありません。

で、丸一日経つか経たないかの頃に初めの給餌をするのですが、おそらくここでこのペアは失敗をしています。

早く初給餌を与えてしまうのは大丈夫なのですが、遅れてしまうのはヒナに影響が出ます。3日目に全滅してしまうのは、おそらくこの時期の給餌どころか、一切の給餌をしていないか、全然足りていない可能性があります。ヒナは少しずつしか食べられないので、1、2時間おきに給餌しないといけません。また、一度の給餌が遅れると栄養失調、脱水症状などを起こします。ヒナの給餌で失敗するケースでは、ほぼ3日目に全滅します。このペアでは3回とも同じ失敗をしている可能性があるので、親ペアの子育てを見させるとか、別の組み合わせにペア替えするなどの「子育て学習の場」を与えないとまた失敗します。

カラーについてお聞きしたのは、色によっては致死遺伝子というものが存在するからです。ホワイトは致死遺伝は持っていないようですが、そもそもホワイトは、ホワイト同士の交配による矮小化が目立ちます。パイドの血が入っていてもホワイトの系統化が強いのであればやはり影響するでしょうね。元々そういった矮小化などの不安があるカラーですから、同系統どころか近親交配を行ってしまえば、この不安は強く出ます。繁殖するからには、体に不安のない子孫にしたいですよね。別の系統の子を迎い入れるなど、新しい血の導入を検討したほうがいいかもしれませんね。


[3322] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/07(火) 21:08
ご回答ありがとうございます。
いつもぴろりさんの獣医並の知識と洞察力と解説力には驚嘆します。

たしかに、給餌に問題と言われると、雛のそのうに餌らしいものは見当たりませんでした。
みな痩せて干乾びた感じでした。

ペアが交代で一生懸命温めていたので彼ら自身も残念そうです。今はこの世代の子たちしかおらず、学習機会はありません。本能的に子育て方法を知ってる子でないと難しいでしょうか。

過去にペア替えも試みたことがあるのですが、性格や育ちの違いからか、別系統とはペアにならず、近親とくっつくことが多いです。
なにより白キンカが出回っていないので、新しい鳥の入手に苦労しています。

近親交配による矮小化については、たしかに小さめの子もいますが、体格の良い子もいます。二羽育つと1羽は小さく、1羽は大きいという感じです。体が小さいだけで健康上問題なければそれでもよいかと思っています。

ホワイトと色ものを掛け合わせると、遺伝子的にはホワイトばかり産まれるのでしょうか?

ペア替えして血統の特徴を残したい場合は、お婿さんを迎えてメスを継いでいく方がよいのでしょうか?それともオスを継いでも遺伝的にあまり違いはないでしょうか?

[3323] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/07(火) 23:01
そのうの餌が見当たらないと同時に、下腹部分が丸みがなく、全体的にシワシワ、干からびているようなら、やはり給餌が問題でしょうね。

ホワイトだけを交配していくと矮小化が目立つので、クリアパイドの血が入れたのかもしれません。表現上は同じような白キンカでも、パイドであれば遺伝的には別物。それが入る事により、ホワイトで失った体格欠陥をパイド遺伝子が補って改善されているのでしょう。

そして今や、ホワイトとクリアパイドの遺伝子、つまり2カラーを同時に持っている系統になっているので生まれる子は見た目みんなホワイト、でも中にはパイドの血が濃くて体格の良い子が生まれる事がある・・・というところでしょうか。推測ですが。

キンカチョウのホワイトは劣性遺伝です。ホワイトと色物をかけ合わせたとしても、劣性ホワイトカラーは表現されず、むしろ色物遺伝子によりカバーされてノーマル色のヒナが生まれます。このノーマル色のヒナはノーマルですがホワイトを持っている子。先ほど書いたように、それぞれの違う遺伝子と組み合わせることにより欠陥を補ったノーマルの子となります。

例えばこの兄弟同士の交配だと、再びホワイトのヒナが生まれます。このような方法で、時々異色交配をして体型や欠陥の補正をしながら繁殖させるのがブリーダーの技となります。

体が小さいだけでしたら問題ありませんが、矮小化と書いているのは「健康上問題ないとは言い切れない」ものも含んでいます。普通のキンカチョウと見比べて明らかに小さい白キンカを誕生させることはないと思います。頭部が小さく、目が大きくギョロっとしているもの、体の割に卵が大きいもの(体に無理をしているサイズ)などが判断材料になると思います。

ホワイトやパイドのカラーは、常染色体遺伝といって性別に関係なく遺伝します。ですので雌雄どちらを継いでいくかはあまり影響ありません。

ただ、元々パイドが入っている系統なので、体格の良いパイドの雌が得られれば、今後の子孫への不安は少しでも解消されるのではないでしょうか。

先ほど体格の小さいキンカを誕生させることはないと書きましたが、このように、それぞれの欠点を補える相手を見つけて繁殖し、健康な子孫をずっと続けていく事も大切な責任かと思います。体の小さなオスには体格よいメスを。神経質なメスにはおっとりしたオスを。羽の質の悪いオスには羽量多いメスを。参考になれば。


[3324] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/08(水) 15:11
ぴろりさん、解説ありがとうございます。
納得いきました。

遺伝子についてちょっと誤解していました。
キンカフリークサイトの山本さんの記事に、
「オレンジブレストが黒いマークをオレンジに変えたりブラックチークがその逆をしたりしても、ホワイトの『すべての羽毛から色の出現をなくす』働きにかかっては無効になってしまうからである。ほかの変異との結合型では、すべて外観はホワイトとなる。」
と記載がありましたので、
色物と白を掛け合わせるとすべて白になると誤解していました。

やはりぴろりさんのおっしゃることの方が正しいですね。

アドバイスに従って改善していきたいと思います。
今後もまたよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

[3325] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/08(水) 15:31
そうですね、キンカフリークの記載も正解で、私のも正解です。つまりホワイトは劣性で、2つ揃わないと表現できません。2つ揃ってしまえぱ、オレンジブレストのオレンジも、ブラックチークも、全て白く変えてしまうのです。イメージとしては、オレンジブレストになるはずの雛もホワイトも同時に揃ったらオレンジの上からホワイトが覆い被さって白くしてしまうイメージ。だからオレンジブレストの遺伝子も見た目で現れてないだけで、ちゃんと働いてます。

キンカチョウなど、輸入が難しくなり入手が難しくなっているものがありますね。良い子に巡り合いますように❤️


[3326] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/08(水) 23:57
「ホワイトは劣性で、2つ揃わないと表現できません。2つ揃ってしまえぱ、オレンジブレストのオレンジも、ブラックチークも、全て白く変えてしまうのです。」

すみません、ちょっと理解しずらいのですが、
遺伝子はオスとメスから1個ずつで2つしかないのですよね。オスから1個のホワイトとメスから1個のホワイトの遺伝子がそろって初めて劣性遺伝のホワイトが出現するとすれば、なぜオレンジとかブラックとかが入り込む余地があるのでしょうか?

真っ白で生まれてくる子は、「ホワイト」か「クリアパイド」の二種類しかないはずなのに、その説だと他にも組み合わせができることになりませんか?

[3327] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/09(木) 00:29
遺伝データが載っているのは「染色体」なのですが、この染色体には常染色体と性染色体がありますね。性別を決める性染色体は数が決まっていますが、常染色体はたくさんあります。生き物によって違うのですが、例えば人の場合ですと、22対44本の常染色体に対して、性染色体は2本です。

染色体には、遺伝子が入る穴のようなポケットが入るとイメージしてください。カラーを決めるには、その場所のポケットにどのカラー遺伝子が入るかどうかで決まってきます。

ここでおそらく、ぽちえさんが勘違いされていると思いますが、このポケットは2つしか無いのではありません。これもまた種類などによるのでしょうが、各染色体にいくつかのポケットがあると思ってください。染色体Aの対の2本のボケットにはそれぞれホワイトの遺伝子が入りました。これでホワイトは表現されます。でも染色体Bの対の2つのポケットにも、オレンジブレストの遺伝子がそれぞれ収まっているのです。だから遺伝的にはオレンジブレストも表現されるはず。ただし、ホワイト2つ揃っているのが強くて、ホワイトだけが見た目に表現されます。

性別を決める性染色体は元々2本しかありません。さらに性別という事で、メスには1本しかありません。この性染色体の上にも乗るカラー遺伝子がありますね。フォーンやCFWです。これらは元々乗るための染色体が少ない上に、ポケットも1組分しかないので同時に表現されることは稀です。でもたまに、フォーンとCFWのカラー遺伝子がくっついてしまい、くっついたまま一緒にポケットに入る・・・これが「組み替え」などのイメージとなります。


[3328] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/09(木) 01:03
そうそう、一頃、オールオレンジキンカチョウというものが流行りましたが、これが「ブラックブレストで、ブラックフェイスで、オレンジブレスト」という3つを同時に表現させたものになりますね。

[3329] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/09(木) 09:06
以前使った画像を使って説明すると、ポケットのイメージはこんな感じ


[3330] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/11/09(木) 09:21
このポケットが、種類や性別、常染色体か性染色体かなどで異なってくるのですが、イメージとしてはこんな感じです。

ポケットが一つの染色体の上に複数あるのか、あるいはいくつかの染色体の上に複数のポケットがあって全ての合計で見るのかについても、これもそれぞれ、あるいは例外などもあるので何とも明記できませんが、イメージは伝わるかと思います。

キンカフリークなどでは、複数のカラーが同時に現れる事を「結合」などと言い表したりしますが、形質同士がくっついて離れない場合もあれば、バラせる場合もありますので、結合の場合とただの同時表現の場合と両方あると思います。

前出のホワイトにパイドが加わっている話とは、ホワイト遺伝子も二つ、パイドも1つか2つ持っているだろうという話ですね。これも本来なら「同時に」持っているカタチになりますが、成鳥となってしまうとホワイトかクリアパイドが見分けにくいために分離ができず、また、結合している可能性もあります。日本の白キンカはそんな事情があります。

同様に、体質などもこのように遺伝していくのですよ。「太りやすい」とか「背が高い」とかもこうしてポケットに揃ってしまえばその形質が表現されるでしょうし、一つなら持っていても現れにくい。しかし子供に出るかもしれない。染色体の上には様々な遺伝情報が乗っていきますが、時にはカラー遺伝子と体質遺伝子が深く結びついてしまう事もある。離れないんですね。イメージとしては、そのカラーと体質遺伝子が染色体の中の近い場所に存在していて、常に一緒に移動(遺伝)してしまう。だからこそ、繁殖する際は子孫の健康も考えて、体質の欠点は補う形で繁殖をしたいと私は考えています。

ちょっとややこしい話に燃えてしまいました。



[3331] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ MAIL Date:2017/11/09(木) 19:47
ぴろり先生、生物学の講義までしていただいて大変勉強になりました。

「時にはカラー遺伝子と体質遺伝子が深く結びついてしまう事もある。」

となると、ある程度は色から体質の予想が付いたりできるかもしれませんね。同じキンカでもある品種は長寿とかいう風に。

私は白しか飼っていないので、遺伝子のことはあまり興味がなかったのですが、色以外にも奥が深いですね。

今後もまたよろしくお願いいたします。
素晴らしい解説ありがとうございました。

[3366] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ Date:2017/12/04(月) 19:37
ぴろりさん、度々すみませんが、緊急のお願いです。

また同じペアが生んだたくさんの卵から雛が1羽孵りましたが、また生後二日ほどで今日死んでいました。
その雛をよく見ると、そのうに餌が無いのは前回と同じですが、平たく潰れたような部分があり、どうやら親の体重で押しつぶされたような気がします。夜寝るときは親二羽が一緒につぼ巣の中で寝ています。卵はまだたくさんあって抱卵中です。そのペアはどちらも比較的体格がいいです。

このような場合、なにか打つ手はあるでしょうか?

生まれてすぐに親から離して人工給餌するべきでしょうか?人間が生後間もない雛を育てるのは可能でしょうか?

[3367] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/12/04(月) 22:53
こんばんは。またもや雛は残念でしたね・・・。

早速解説しますと、この場合、雛の圧死の可能性は低いです。むしろやはり餌不足(未給餌)の問題ですね。少しでも、水分だけでももらっていれば亡くなってすぐペチャンコになることはあまり無いんですよ。丸1日以上亡くなってるのに温められたら水分無くなりペチャンコになりますが。給餌も水分もなく亡くなるとその日のうちに、腹部がペチャンコになりますね。


[3368] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/12/04(月) 22:57
それと、今もまだ孵化していない卵も巣にあるのでしょう?卵と雛が一緒に巣にあれば、卵が柱となって雛を親鳥の体重で圧死させることはないですよ。ただし、蒸れることはありますね。梅雨時に雛複数を両親がびっちり温めて、蒸れて雛が弱ったりすることはあるようですが、今の時期ですから・・・。

[3369] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/12/04(月) 23:02
生後初日の雛を人が育てるのは、二時間おきの給餌が必要になります。この疑問部屋の一番上のところに、「HOME」があります。そこから私のサイトの「ペット部屋」にいき、キンカ粒の飼育日記を見て頂ければ、参考になるかもしれません。

[3370] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ Date:2017/12/05(火) 16:55
ぴろりさん、早速的確なご回答ありがとうございます。
「キンカ粒の飼育日記」拝見しました。すごいですね。

親が給仕をしないということは、今後も孵る見込みはないと考えて、抱卵をやめさせた方がよいでしょうか?

[3371] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/12/06(水) 23:37
そうですね。でも、親鳥もどう給餌したらいいのかわからないだけなので、他のペアの巣引きを見せるなどで学習していき、できるようになる方法もありますよ。

ただ、そもそも、姉弟交配しかも2代目という事ですから、繁殖は避けるべきと私は考えます。

遺伝情報は兄弟でも違うものですが、それでも同じ両親から生まれているので同じ遺伝子を持つことがあります。さらに2代目ともなると、たまたま兄弟では1つずつ持っていた遺伝子がその2代目で揃ってしまうわけで、それが悪い遺伝情報だったりすると表に出てきますよね。二つ揃ってしまうわけですから。1つだけだったら「ちょっと心臓の弱い子」として体質程度に出るものが、2つ揃ってしまうと明らかな「心臓疾患」になる・・・。色だけではないんです。矮小化もそうですね。たまたま矮小化で済んでいただけかもしれません。

お、そうそう。先に書いた「他の巣引きを見せて学習させる」という意味でも、ペアを解消して他の個体(できたらベテラン)とペア組して子育てを見せるというのも良いのでは?近親交配関係なく、子育てできないペアに学習させる有効な方法です。


[3372] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ Date:2017/12/07(木) 20:04
ぴろりさん、再びありがとうございます。
近親のリスクは承知していて、将来的にはおっしゃったとおりにするつもりですが、
現状たくさん卵を温めていて次々孵る予定の状況で、なんとか親鳥に給餌することに気づいてほしいのですが、他のペアもいないので、私が孵化直後から給餌して、温めるのは親鳥にさせる、というのはできるでしょうか。みすみす死なせるのは忍びないのです。

[3373] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぴろり Date:2017/12/08(金) 12:49
そうですか、では今回の卵が一旦一段落したら別のペアを導入するなど対策を練る間、このペアは別々にしないとダメですね・・・ご存知の通り、また産んでしまいますもんね。

例え今回のヒナを無事に育てられたとしても、やはり近親の影響を考えたら将来不安な子を産ませる事もまた忍びないので、どうか手をうってあげてくださいね。(こういう事をしつこく言うのは、近親交配で出る影響は矮小化だけでなく、例えば眼球がない子とか産まれるんですよ。そうするともっと可哀想な事になるので・・・ご理解くださいね)

さて。
給餌だけして親に温めさせるのは一番良い方法に思えますが、そもそも親は手乗りですか?いや、手乗りでもいちいち巣に干渉されるのを嫌う子がいますね。そうすると抱卵そのものの放棄もあり得るわけですが。そこは大丈夫でしょうか?

だとすると、孵化したばかりのヒナを親から完全に離して人が面倒みるほうが安全なのです。そしてそこから、2時間おきの給餌と、絶対的な30度保温&保湿管理が必要になります。ちょっと本気で覚悟しないと、結構手間がかかりますよ。私は小さく生まれた子など不安のある子は、最初の一週間は夜間も2時間おきに給餌していましたね。

孵化したてのヒナの口は小さく、まず最初に失敗しやすいのは、ドロドロの餌を喉に詰まらせてしまう誤飲です。爪楊枝で慎重にやっても、ちょっとした事で詰まらせてしまう事があるんです。ヒナは簡単に窒息死してしまうので、それこそじっくり真剣に給餌するのですが、あまり時間がかかってしまうとヒナが冷えてしまう。

そして保温保湿管理。30度に保つのが中々難しいのです。あんまり暑すぎてもダメですし、保温すると乾燥してしまうので、これがまた脱水症状を起こしてしまう。下手に加湿してしまうと今度は蒸れで体調不良を起こす事もありますので、私は時々空気の交換をしたり、ティッシュ一枚入れる入れないなどの微妙な工夫で乗り切りました。この具合をつかむまでが、本当に気を使うと思います。

筆毛が生えてきて、そろそろ色が分かるかなー位までいけば、保湿の点は一安心です。次はカルシウムに気を付けて、ヒナの食欲を満たすために頑張ります。

雛の給餌が完全に終わり、一人で餌を食べられるようになるのが大体生後1か月半から2か月。それまでに給餌時間の間隔が伸びて回数も減ってはいますが、一日3回から4回位ですかね。

孵化したヒナを巣から取り上げる際は、スプーンなどでヒナをすくいあげてください。他の卵も孵化直前ですから、触ったり転がしたりしないように気をつけてくださいね。頑張ってくださいっ。


[3374] RE:雛が次々に死ぬ現象について Name:ぽちえ Date:2017/12/08(金) 23:01
ぴろりさんの「キンカ粒の子育て日記」を参考にして、頑張ってみます。
アドバイスありがとうございました。

[3358] オカメインコの症状 Name:ひろし Date:2017/12/02(土) 21:39 [ 返信 ]
はじめまして
オカメインコの手乗りを飼っている者なんですが手乗りの一羽の羽がだんだんと細く?なってきて毛並みも悪く今では飛んでも落ちてしまうのですが栄養不足なのか何らかの病気なのかわかりませんか?
写真も張りつけたのですが風切羽や尾羽などが一部の羽が細くて発育不良?みたいになっています
なにが想定されるか、またどのような処置が必要か参考までにお聞きしたいです。
また他のオカメと隔離した方がいいですか?



[3359] RE:オカメインコの症状 Name:ぴろり Date:2017/12/03(日) 01:18
こんばんは。
この画像だけだと、どこがどのように細い?のか、分かりにくいのですが。他にありませんか?

オカメの風切羽は先が細く、中にいくと少し太く幅があるのですが、その境目がないということですか?羽広げた画像ありませんかね。

確かにツヤは無さそうですね。飛んでも落ちてしまうのは羽だけの問題ではなく、栄養不足や内臓疾患で全身が弱ってるケースもあります。例えば肝臓疾患の場合、糸のような羽が生えてくることもありますし、全身の色が黄色く変色してくる事もあります。そうなってからでは、かなり進行しており、その後は肝臓の薬を飲み続ける事になるかもしれません。その肝臓疾患の原因が栄養バランス不足の事も多いですね。

羽の病気PBFDの可能性もあります。画像では判断できませんので、可能性の話になりますが、PBFDを検索してみてください。

[3360] RE:オカメインコの症状 Name:ひろし Date:2017/12/03(日) 10:36
羽の写真を撮りましたので張り付けます。
オカメが嫌がりあまりうまくとれていませんが💦
一部の風切羽等他のオカメより細く一定の太さで伸びてる感じです
また今日の体重は98cありました。



[3361] RE:オカメインコの症状 Name:ぴろり Date:2017/12/03(日) 12:46
画像有難うございます。

この子は生後どの位ですか?親換羽は終わっていますか?生後一年以上経った子でこの羽とこの脂粉でしたら、少し異常ですよね。

羽に血や汚れがついていますが、健康な成鳥であれば、多少の汚れは脂粉で落ちますし、ここまでつくのはやはり脂粉量も少ないと考えられます。脂粉は健康であればあるほど出るもので、体調が悪いと減りますから、やはり少し心配になりますね。

もし、この細い羽毛が生える(伸びて成長する)過程で何か栄養不足が生じていたとかストレスが加わったとかであれば、ストレスバーという線が羽毛に生じます。羽毛は繊維が交差してできていますが、その繊維が一時的にストレスが加わったために作られず繊維薄くなるため、羽毛に透けた線ができるのです。ですが、これは見られない。とすると、逆に、この羽毛は一時的なストレスやこの時に何らかの発症があったのではなくて、もし病気だとしたら慢性的なもの、つまりじわじわと少しずつ影響しているものになります。

年齢、羽毛の形、脂粉量などから推測すると、何かしなくてはいけない事(改善が必要な事)は確かです。ただ、「何をすれば」という明確な事は分かりません。羽毛に少し現れた位の見えないところの症状なのです。

餌は何を与えていますか?他の子には症状出ていなくても、この子には吸収しにくい餌内容なのかもしれません。サプリなどは与えていますか?日光浴は?それらのデータを持って、一度鳥専門医に診てもらうほうがいいですね。これは簡単に「●●ですね」とは言えない症状なので、きちんと診れる獣医さんが良いでしょう。

とりあえず他の鳥とのすぐの隔離は必要ありませんが、この子の餌の食べ具合、餌の偏りはないか、糞の状態を把握するためにこの子だけ一羽にして観察した上で、獣医さんに診てもらってください。


[3362] RE:オカメインコの症状 Name:ひろし Date:2017/12/03(日) 15:33
ピロリさんありがとうございます。
この子は2015年4月中頃に産まれた子で生後2年8ヶ月になります。
慢性的なものとは繁殖の際に遺伝する可能性もありますか?またPBFDとは違うものですか?
今は落鳥してしまいいないのですがこのこと同じメス親から産まれた子(オス親は別個体)も同じような症状が出ていました。
この子も以前の子もメスでして同じ親から産まれたオスの子は手のりではないですが大部屋で元気にしています。
餌は愛知県にあるブリーダーの配合餌(オカメ用に配合されています)を使っています。
この子は飛べない以外は餌も同じ位食べていて糞も他の子と見た目は違いはありません。


[3363] RE:オカメインコの症状 Name:ぴろり Date:2017/12/04(月) 00:43
2歳なのですか!?驚きました。
その羽の形や脂粉量、羽質から、もっと若い成鳥なのかと思いました。逆に言えば、2歳でこの質ならやはり問題があると思います。それは体質的なものか、慢性疾患か、ウィルス性のもの
かは分かりません。


[3364] RE:オカメインコの症状 Name:ぴろり Date:2017/12/04(月) 01:06
慢性的なものとは、例えば少しずつ肝臓の負担が高まり肝臓が悲鳴を上げだして何かしらのサイン(今回なら羽の異常形成)を出すのも慢性的な症状ですし、実は内臓に腫瘍が出来てそれに栄養が取られて少しずつ大きくなっていっている場合も症状として慢性的なものを表します。

この子のメス親から体質的なものを遺伝しているのかもしれません。例えばたんぱく質の吸収が弱い体質とかですと羽の生産に影響するでしょうし、難産のメスの娘もまた難産だったりします。鳥の遺伝子はメスは性染色体を一つしか持たないので、人の色盲のように片方の性別に現れやすい(両方出る可能性はあるが人では男性、鳥にはメスに出やすい)ものを何か引き継いでいるのかもしれません。もしそのような場合、兄弟のオスも羽異常が現れる何かの遺伝子を持っていますが、もう1つ、別の遺伝子も持っているので修正される場合があり表面化しにくくなります(でも持っているので繁殖させたくないですね)

それらを調べるのなら専門医に行かないと分かりません。遺伝的なものは獣医でも分かりませんが、感染症か栄養的な慢性疾患かなどは診察していけますから消去法で判断していけるでしょう。

ここで書いているのも推測です。ただ言えるのは、「この子は今の段階では繁殖には使ってはいけない」という事だけハッキリしています。移る病気か体質か遺伝かも分からない訳で、姉妹には同症状がいた、となると、次に生まれる雛にも出てしまう可能性があるからです。


[3365] RE:オカメインコの症状 Name:ひろし Date:2017/12/04(月) 13:15
詳しい説明ありがとうございます。
一先ずはかごを分けて様子を観察していきたいと思います。
また何かありましたら質問させていただきますのでよろしくお願いします。


[3349] オカメパニックについて Name:卓 Date:2017/11/26(日) 11:53 [ 返信 ]
ピロリさん続けての質問すみません
家の手乗りのオカメたちがパニックを起こして一匹だけ大きな出血を起こしてしました。(自分が気付いたときには自分で止血したみたいです)
ネットで読んだら抜いた方がいいと書いてあり抜きまして事後報告なんですが一番いい方法はどんなのがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。


[3350] RE:オカメパニックについて Name:ぴろり Date:2017/11/26(日) 22:55
こんばんは。

鳥の出血の場合、まず確認するのは、それが皮膚からの出血か、羽毛からの出血かの確認です。皮膚からの出血の場合は羽毛をよけて裂傷かすりキズかなどの確認をして、消毒などの処置をとります。

鳥の羽毛から出血しているという事は、その羽毛が「成長途中」だった羽毛という事になります。つまり生えて伸びている最中の羽毛ですね。

この時の羽毛には、羽軸の中に太い血管が通っていて、これにより羽先まで栄養と酸素を送って、あっという間に羽毛を成長させ伸ばすという状態にあります。

これに途中でダメージが加わり羽軸が折れた場合、その出血は「皮膚にストローを刺して出血し続ける状態」となります。

この羽軸ストローには、皮膚のように傷口をふさぐ働きはありません。血液内成分が一部凝固して固まる程度です。だから一時的に出血を止めても、また少しの刺激で出血するかもしれないし、その場合は大量出血になる可能性もあるのです。

ストロー羽軸には傷口をふさぐ働きはありませんが、羽軸の元である毛穴は「ふさぐ」働きがあります。毛穴は皮膚の一部ですからね、毛穴から羽軸が抜かれてしまえば、一旦毛穴は小さく塞がれるのです。

例えば羽軸途中ではなく毛穴からの出血とかであれば、また様子を見る必要がありますが、大きな羽軸の途中からの出血の場合は、抜いたほうが安心なのです。抜くのが可哀想、と羽軸に包帯のようなものを巻いて止血させようとしたり、様々な事をしているケースも見た事ありますが、私にはそちらのほうが怖いです。実際に、止血してもう大丈夫だと思っていた鳥の再出血で亡くなっていたケースも知っています。

もし羽軸が大きなもので、ご自分で抜くには鳥も痛そうだし抜けないという時は、獣医さんでもやってくれます。


[3351] RE:オカメパニックについて Name:卓 Date:2017/11/26(日) 23:28
細かい回答ありがとうございます。
今回は成長途中の羽が途中で折れたため出血のため抜いたので正解だったという感じで大丈夫でしょうか?


[3354] RE:オカメパニックについて Name:ぴろり Date:2017/11/27(月) 08:10
そうですね、正解ですね。
後は抜いた毛穴がしっかり締まってくるか経過をみてくださいね。羽を抜いたかどうかにかかわらず、毛穴にバイキンが入って腫れてしまう症状もありますので。


[3357] RE:オカメパニックについて Name:卓 Date:2017/11/27(月) 12:46
今後しっかりと経過観察していきたいと思います。
ありがとうございます。


[3352] オカメインコの品種について Name:卓 Date:2017/11/26(日) 23:31 [ 返信 ]
ピロリさんこんばんは
ひとつ前の質問を前前回の質問の続きに書いてしまったため改めて質問させていただきます。
今回この子に一目惚れしてDYCシナモンパールをお迎えしたのですがなんとなくドミナントシルバーなような気もしますがどちらだと思われますか?
この子の親にドミナントシルバーがいるということです。
よろしくお願いします。



[3353] RE:オカメインコの品種について Name:卓 Date:2017/11/26(日) 23:31
風切羽のアップになります


[3355] RE:オカメインコの品種について Name:ぴろり Date:2017/11/27(月) 08:21
風切羽の色を見てドミナントシルバーを期待しているのでしょうが、このような風切羽の色合いは決定打にならず、やはり背中などの分かりやすい場所にドミナントシルバーの特徴が出るかで判断します。その背中にパールが入っているから判断が難しいですね。

そして、ドミナントシルバーの特徴をまずよく知る事です。このカラーは成鳥となってからその特徴がよく出ます。特にオスが綺麗に出ますよね。しかも2歳、3歳になってより鮮明に特徴が出ます。という事は、ヒナの段階では分かりにくいです。

結論として。
この風切羽の色にシルバーを期待している訳ですが、風切羽のこの色だけではドミナントシルバーだ、ドミナントシルバーらしい、とは言えません。今後の羽の成長をみるのですが、そもそもパールなので判断は難しいでしょう。

ただし親がシルバーだったという事で、半分期待はできますね。このように、ドミナントシルバーとかのカラーは「遺伝的に」という個体が出回っていて、前回書きましたように、本当にそのカラーがその子に表現されているかは不明な場合が多いのです。

しかしこの子はヒナの段階からDYCが綺麗に出てますね!成鳥になったら脂粉がかって、もっときれいになりますね。


[3356] RE:オカメインコの品種について Name:卓 Date:2017/11/27(月) 12:45
ピロリさんありがとうございます。
今後の換羽の時期を楽しみに待ちながら観察したいと思います。


[3332] オカメインコの遺伝について Name:卓 Date:2017/11/13(月) 12:57 [ 返信 ]
オカメインコの遺伝について質問なんですが
優勢遺伝のドミナントイエローチークとホワイトフェイスで繁殖した場合
もしオスが
DYC/スプリットwf
メスが
wfwf
だった場合
産まれた雛の遺伝子が
DYCwfwf
になる場合もあるとおもうんですがその場合みためは
優勢遺伝のドミナントイエローチークになるのでしょうか?

また話はかわりますが
DYCとPFは見た目で違いはわかるのでしょうか

おねがいします


[3336] RE:オカメインコの遺伝について Name:ぴろり Date:2017/11/16(木) 01:44
参考になる画像はないかと探してます。少しお待ちを。

[3341] RE:オカメインコの遺伝について Name:ぴろり Date:2017/11/17(金) 00:07
こんばんは。

DYC/wfのオスとwfwfのメスの交配で
DYCwfwfが出た場合、

見た目は
純粋なDYCにはなりません。
その画像を探したのですが、ありませんでした。

ドミナントイエローチークにホワイトフェイスを交配すると、ドミナントはドミナントでありますが、ホワイトフェイスの作用も受けて頬の色をやや薄めます。それはパステルフェィスに近い色のイメージになると思います。これらのカラーは個体差で濃淡ありますので、ほぼドミナンチイエローチークそのままの色の子も産まれるでしょうが、パステルフェイスそっくりのものも生まれるでしょう。また、オレンジホッペも滲むような発色になると言われてます。

さらに、
日本産のは、これらをどんどん掛け合わせてしまうので、実際にその子がパステルフェイスなのか、DYCなのか、SLYCなのか、素性の分からない子もたくさんいます。実際にドミナントで譲り受けても見た目がPFの子もいました。一度WFなどの他のカラー遺伝子が入り込むと、それを血筋から抜き出すのは中々大変なんですよ。

親の遺伝情報まで分かっていても、祖父母、曾祖父母まできちんと血統管理しているところはあまり多くありません。海外ではその辺りをきちんと管理しています。今回の件で海外サイトも調べましたが、やはり

「DYCやSLYCと、WFの交配は避けるべき。それはDYCなどの頬のカラーを失ってしまうし、DYCの魅力を無くしてしまう。」

と書いていました。

もう一つ。
DYCとPFの色の違いですが

DYCはオレンジホッペのオレンジ色が洗われたようなクリアな色をしています。顔の黄色い部分から、オレンジ色だけを抜き取ったようなイメージになります。

PFは、元々のノーマル色を全体にパステル調に薄めたイメージですで、オレンジホッペは少しオレンジのまま残ります。ホワイトフェイスの、色を薄める作用が働いているので、そうですね、ノーマル顔に薄くて白いガーゼをかぶせたイメージですかね。

カラー遺伝子の作用の働き方が違うのです。


[3342] RE:オカメインコの遺伝について Name:卓 Date:2017/11/17(金) 01:46
ぴろりさん詳しい説明ありがとうございます。
DYCとWFは交配させないほうが無難なんですね

日本産のDYCは混ざっちゃったりしていて分かりにくいのはわかりましたが純粋なDYCはどのような色になるのでしょうか?
もしありましたら純粋なDYC,SLYC,PFの画像を貼っていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。


[3343] RE:オカメインコの遺伝について Name:ぴろり Date:2017/11/17(金) 23:00
いくつか手持ちの画像はネット上のものと個人のものなので、ここで貼り付けるのは気が引けます。海外サイトでその品種をよく表した画像を使用しているものがありましたので、そちらのリンクを張っておきます。英語ですが、画像はノーマルをベースにしたDYCやSLYCなどが載っていて、さらにルチノーベースなどの画像もあるので分かりやすいと思います。

http://www.justcockatiels.net/dominant-yellow-cheek.html

↑このリンクはDYCのページですが、サイト上方のナビバーの「Mutations」から様々なカラーの情報が見れると思います。SLYC、PFもありますので見て下さい。


[3344] RE:オカメインコの遺伝について Name:卓 Date:2017/11/18(土) 00:31
ぴろりさん詳しいサイトありがとうございます。
DYCが一番黄色に近くSLYC→PFと徐々にオレンジによっていく感じみたいですね。

またクリームフェイスやルチノータイプのレセッシブシルバーとは違う赤目のドミナントシルバーなど日本にまだいない?いろいろなオカメインコがいていつまでも見ていても飽きてこなさそうです


[3345] RE:オカメインコの遺伝について Name:ぴろり Date:2017/11/18(土) 00:42
赤目のDS?まあ、このサイトも世界の中の一つのサイトですから、他にもまだまだ日本では見られないものがたくさんありますよ。参考まで。

[3346] RE:オカメインコの遺伝について Name:卓 Date:2017/11/18(土) 00:49
ぴろりさん読み直して見たら赤目のは間違っていました汗
すみません


[3335] セキセイインコ購入 Name:ランドクルーザー Date:2017/11/14(火) 17:26 [ 返信 ]
こんにちは。
セキセイインコのオス1歳を購入した者です。

うちにはメスの同じ位の誕生日の子がいます。

いつか雛が生まれたら…と思っていますが、
購入してどの位で一緒に入れてもいいのかわかりません。

あとやはり病院などで病気がないか調べてからがよいでしょうか?


[3338] RE:セキセイインコ購入 Name:ぴろり Date:2017/11/16(木) 02:04
こんばんは。
メスの子は今まで病気の検査はしたことありますか?

基本的に、鳥同士で移る病気のうち、腸内の寄生虫や、そのう内の細菌などは検査で分かりますし、薬で治療できます。


[3339] RE:セキセイインコ購入 Name:ぴろり Date:2017/11/16(木) 02:16
繁殖するなら、子供にも移ることのないように、先に検査と治療をすませてから取り組むほうがこ良いでしょう。

お見合い期間はメス次第。ただし最初の一週間はオスにまず新しい環境に慣れてもらうのが最優先です。隣に置いてお見合いはしても大丈夫です。

その後、一緒にいれます。本当に相性悪いといきなりケンカするので様子はよく観察します。逆にオスがプロポーズしまくってもメスが疲れてしまうので、よく見ないといけませんね。

また、鳥のベアが「ここで子育てしても大丈夫」と判断するのに大体1ヶ月かかるとみていいでしょう。

セキセイの求愛はラブゲロあげることなので、移る病気は治しておかないと怖いですね。


[3340] RE:セキセイインコ購入 Name:ランドクルーザー Date:2017/11/16(木) 09:27
ぴろりさんお返事ありがとうございます。
メスの子は定期的に検診をしています。

オスの子の検診をして環境に慣れたら一緒にしてみます。
また様子を報告させていただきます。


[3333] キンカチョウのヒナのカラーについて Name:黒崎 Date:2017/11/13(月) 20:57 [ 返信 ]
はじめまして、ぴろりさん。
この度、縁あってキンカチョウのヒナを迎える事となりました。
家族と共に、キンカチョウのヒナをショップでお願いしにいこうと立ち寄った近所のペットショップに、偶然その日ヒナが来たと。

見た所、恐らく最後20日前後といった感じのヒナなのですが、カラーはノーマルの子でしょうか?
これからまだまだ柄が出てくる時期、男の子なのか女の子なのか、どんな子になるのか楽しみにしています(*´꒳`*)



[3334] RE:キンカチョウのヒナのカラーについて Name:黒崎 Date:2017/11/13(月) 20:59
補足ですが、親のカラーは不明という話でした。

[3337] RE:キンカチョウのヒナのカラーについて Name:ぴろり Date:2017/11/16(木) 01:58
可愛いですね!
ベースはノーマルですね。目の下の涙模様が濃く、ほっぺ側に流れている(滲んでいる)ので、ブラックチークの血が入っていると思われますが、完璧な黒ほっぺになるかは分かりません。多分ハーフで、オスでもほっぺは全て黒くなるまでいかす、このまま「ノーマルにしては涙模様が濃い」という色で落ち着くような気がします。

生後2ヶ月から親羽に換羽しはじめます。頭付近から始まるのでオスならばシマシマやほっぺの色が早くから出てすぐ分かります。メスだとなかなか換羽すら進みが分かりにくく、生後3ヶ月たったのに模様が出てなかったらメスかな?という判断になるかと思います。


[3310] 適切な睡眠時間は? Name:kanana MAIL Date:2017/10/16(月) 07:41 [ 返信 ]
お世話になります。
標題の件でご意見お聞かせ下さい。

私はセキセイインコを飼っているんですが、
寝かせる際は暗くて静かな別室にケージを移し、
大体19時〜6時まで、約11時間の睡眠をとらせています。
私は、平日は7時〜18時半まで家を空けるため、
土日以外はあまりインコの顔が見れません。

ですが先日、鳥専門ペットショップの方に
「鳥は眠ければ明るかったり物音があっても勝手に昼寝するので、
そんなにみっちり寝かせなくても大丈夫。
睡眠時間をもう数時間、飼い主さんとの時間にあててもいいと思う」
というご意見をいただきました。

プロのおっしゃることですし、
私としてももっとインコの顔を見たいので、
別室で寝かせる時間が少なくていいならその方が嬉しいです。

ですが、ネットや飼育本には圧倒的に12時間睡眠推奨の意見が多いため、
どちらが鳥にとって良いことなのか迷っています。

お知恵を貸していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

[3311] RE:適切な睡眠時間は? Name:ぴろり Date:2017/10/16(月) 08:18
より的確なお話ができるように、次の事について教えてください。

セキセイはオス?メス?
手乗りですか?
一羽飼いですか?複数?

よろしくお願いいたします。


[3312] RE:適切な睡眠時間は? Name:kanana MAIL Date:2017/10/16(月) 12:57
ご返信ありがとうございます。

・二羽飼っています
一羽は荒鳥(9ヶ月 お迎えして4ヶ月)、
もう一羽は一応手乗り(1ヶ月 挿し餌中 お迎えして3日目)です。
手の中で食事もし、顔を撫でると気持ち良さそうにすることもありますが、自分から人間に寄ってはきません。

・二羽とも雄です。

・ケージは別で、30センチくらい離して置いています。
まだお互いの存在を認識してないようです。

よろしくお願いいたします。

[3313] RE:適切な睡眠時間は? Name:ぴろり Date:2017/10/16(月) 21:46
なるほど、ありがとうございます。

鳥にとって、睡眠12時間とるのは理想です。しかし野鳥だって本当に12時間とれているか分かりませんし、季節によっても違うでしょう。

なぜ12時間睡眠を推奨するのかという点について、一番多いのは「発情抑制」が大きな理由です。

特に手乗りの鳥は、ストレスの少ない環境で餌も豊富、大好きな人間も常にそばにいてくれるわけですから、その気になれば一年中発情する事が可能です。セキセイの特にメスですと、この発情によって人との間に卵を産み続け、生殖器系の病気になりやすく寿命も短くしてしまいます。オスも精巣腫瘍などのトラブルに発展しやすく、またなわばりを死守する攻撃性などの問題も抱えやすいですね。

こうした事から、これらを予防するために、「発情させない」環境作りが重視されています。

鳥の場合、四季などの気温や日照時間などの変化から季節を読み取り、発情期が発生します。12時間という長さは発情しにくい範囲の長さで、しかも年間通して同じに保てば季節を感じにくくなるということかと思います。

ですが実際には、日照時間だけでなく、様々な要因から季節を感じますし、そもそも室内でぬくぬく育っているわけですから、ちょっとした事で発情するのは中々防げません。私としては「発情傾向が見られたら、それを鎮めるために睡眠時間を長くとる」という手段にしていますが、夜間の睡眠時間はそれほど厳密には守っていません。

ちょっと視点を変えてみましょう。
kananaさんは鳥のためにきちんと睡眠時間をとらせるように守ってきたわけですが・・・毎日の中で鳥を見る時間がそんなに限られているとなると、本当にその子の体調を見極められているでしょうか?

鳥のためならば、もう少し寝かす時間を遅くして、kananaさんが夕食後にくつろぐ時間にゆっくり鳥を見てあげられたら?多分ちょっとした体調の変化もよくわかるようになりますし、何より鳥もkananaさんとの時間を大切にすると思いますよ。

心配な睡眠時間ですが、ずっと人がいる部屋なら休む間もないのですが、kananaさんが出かける時間があります。つまり鳥だけの自由な時間があります。その時間に足りない睡眠を補う子もいますし、入念な羽繕いをする子もいます。いつもより大きな声で鳴いてる子もいますし、ちなみに我が家では私のいない時間に変な声を出しています(笑)ぴょえええ〜?とか(笑)何かの練習をしているのかもしれませんね。


[3314] RE:適切な睡眠時間は? Name:ぴろり Date:2017/10/16(月) 22:03
手乗りの子ですが、お迎え3日目という事で、まだ自分から人間に寄ってこないのでしょう。ですが今からきちんと接したほうがいいですね。

手の中で餌を食べさせた後も、手の中で頭や顔をカキカキしてあげる時間を10分必ず取ってみましょう。自分でごはん食べられるようになっても、必ずこの時間をとるようにします。手の中が心地よい空間だと理解すれば、自然と近寄ってくるようになります。また、差し餌が終わって一人遊びが始まると、安心してそのまま好きにさせてしまう方がいるのですが、そうではなく、一人遊びの時期こそ、一番遊んであげないといけない時期です。手の中でカキカキは必ず守り、一人遊びしていても声をかけ、戻ってきたら褒めて餌を手渡しするなど繰り返せばとても良い子になるはずです。

こうして手が好きになった子はその反応の観察も体調チェックにつながります。また、荒鳥の子もそのような様子を見て人への警戒心が薄まっていく可能性があります。荒鳥の子が手乗りの子を通して人を観察するようになれば、手乗りの子と同じように、日中の時間を睡眠に当てたり自分の体調管理に使い、ストレスも軽減できるかと思います。

さて。まとめます。

・睡眠時間については

・片方が手乗りなので、夜の睡眠時間を削っても日中うまく自分のペースで時間を使えるだろう。荒鳥もそれに従ってペースを真似してコントロールしていくと思う。

・夜の睡眠時間を削っても、どちらもオスなのですぐ発情、産卵という事はなく、生殖器に負担がかかる度合いはメスより低い。なので日中の睡眠を確保できる環境なら、削る方向にチャレンジしても良いのではないか。

・(睡眠をカバーできるのなら)長時間連続睡眠時間よりも、鳥の個体の体調チェック、観察の度合いを高めたほうが鳥の健康にはよいのではないか。
例えば19時消灯ではなく21時消灯にするなら、土日も必ず2時間位静かに過ごす時間を与えれば大丈夫。

私の意見は以上です。参考になれば。
後はその子達の動きに合わせて考えてあげてくださいね。


[3315] RE:適切な睡眠時間は? Name:kanana MAIL Date:2017/10/17(火) 08:15
丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます!

12時間睡眠が推奨される理由、すごくよくわかりました。

すみません、重ねて2点質問してもよろしいでしょうか?

・ご指摘いただいた通り、観察不足なのは
前から気になっていたので、少しずつ睡眠時間を削る方向に
シフトしたいのですが、一点心配な点があり…
私が平日不在にしている間は家は無人ではなく、
大抵母が、鳥のいるリビングで過ごしています。
パートや買い物でしばらく外出することもありますし、
常に鳥に構うわけでもないんですが…
やはり完全に無人の環境でないと、鳥は休まらないでしょうか?

・雛との接し方について色々教えていただき、ありがとうございます!
やっぱりカキカキって大事なんですね。
うちの雛なんですが、私の触り方が下手なのか
カキカキ大好き!ってわけじゃないようで、
特に食後は触ると嫌がられます。
食後は机をうろうろしたり、人の服や髪にもぐったり、
指を止まり木にして羽繕いしたり、
勝手に過ごしたい子のようです。
気が済むと少し触らせてくれます笑

手を好きな子になってほしいですが、
雛が嫌がるようなら、寂しいですが無理に触るのはやっぱり避けるべきですよね?

ご意見いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

[3316] RE:適切な睡眠時間は? Name:ぴろり Date:2017/10/17(火) 10:19
・kananaさんご不在時にもお母様がご在宅との事。それもずっとではなく、パートや買い物にと日々それぞれですよね?それならば特に心配はないでしょう。

ずっと在宅でしょっちゅうダラダラと鳥を構うことのほうが心配です。よくそのようにして「可愛がっている」方がいますが、鳥には鳥だけの時間が必要です。鳥が自分だけの時間としてリラックスできる場を与えることのほうが可愛がっているというか「鳥の事を考えている」と思ってます。

また、ごはんの時間や就寝時間、餌入れの配置から何まですべてきっちりと決めてやられる方もいます。でも私はそれは「やりすぎ」。そうしないと心配な事も理解できるのですが、それを続けると、いざイレギュラーな事態が起きた時に鳥がパニックになりやすいんです。例えば、急な不幸の連絡があり出かける事になったとか預ける事になったとか、あるいは震災でいつもと違うとか。時間やルールに決められて育った子は、それが出来なくなるとストレスに弱くなりパニックになりやすいんです。

なので、お母様がご在宅でも、ずっと鳥カゴに張り付いている訳ではなければ問題ありません(^-^;)

むしろパートや買い物など、リラックス時間も時々あり、日中お母様の観察もでき(失礼!)、「全く退屈で窮屈」ではない生活ですよね?イレギュラー続きではなく、毎日がそんな感じであれば、鳥も「そういうもん」と受け入れやすくなります。そして自分でリラックス時間を見つけられますから大丈夫です。

我が家の犬は、私が仕事に出かけない日も「いつもの留守番時間」になると自分でベッドにいって寝てますし、前出の鳥は私がいない時間のほうが邪魔されず変な声を出せるようで、私がいるとそんな声を出しません(笑)ペットは意外と好きにやってますよ。

・雛ですが、それならば、食後に好きに遊んでから手の中でカキカキはどうでしょう?特にこれから夜にその時間がとりやすくなりますよね?無理に手の中に収めても良くはない訳で、ならば気が済んだら手の中で休んでもらえばよいのです。餌にがっついた子ならば、食べてからのほうがリラックスしますし、自分から食べるようになって餌にそんなに執着しなくなったら餌を与える前に遊んでやるのも方法の一つ。その子に会わせてやればよいですよ。その中で、必ず人とのコミュニケーションがある形で終わるようにすれば、方法は何でもよいのです。

カキカキが好きでなければ、手の中にすっぽりいれてからのおしゃべり練習タイムでもいいですよ。オスでしたら声に興味を持ちますから、手の中にいれて人の顔の近くにもっていき、教えたい言葉を一つずつ言ってみます。唇を見つめてじっと聞いているなら興味はありますから、どんどん話しかけてあげましょう。それもコミュニケーションの一つ。終わったらおしまいと合図してもいいし、カキカキで終わってもいいし、区切りをつけたほうがいいですね。そんな形でも「手の中で聞く」というスタイルが伝われば、手が好きになっていきますよ。


[3317] RE:適切な睡眠時間は? Name:kanana MAIL Date:2017/10/17(火) 21:40
ぴろりさん、ご返信ありがとうございます。

鳥のリラックスタイムの大切さや、
ルールにはめすぎるとストレスに弱い子になってしまうこと等、
知りませんでした。お聞きできてよかったです。

ぴろりさんのお宅のペットは寝たり鳴いたり笑、
自分だけの時間をのびのび過ごしてるんですね。

うちのインコも日中鳥だけの時間をとらせつつ、
寝る時間を遅くする方向にシフトしてみます!


雛の方ですが、先ほど夜の挿し餌をあげた後遊んでみました。
手の中に包んでてみたらすぐ逃げられちゃいましたが、
服の中にもぐってじっとしているのが好きなようで、
その時だけは気持ちよさげになでなでさせてくれました。

まだ迎えて数日ですし、教えていただいたことを参考に、
焦らずゆっくり手を好きになってもらおうと思います。


色々と迷ったり悩んだりしていたのですが、
ぴろりさんにご相談できてよかったです。
ためになるアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

1件〜10件(全562件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace